ペルチェモジュールを使った加熱・冷却システム
ペルチェを使った冷却・加熱システムを作る場合基本的には次の構成となります。
  1  冷却ユニット
     ペルチェ + 放熱機(ヒートシンクなど)
  2  温度コントロールユニット
     温度コントローラ + 温度センサ
  3  電源ユニット
     ペルチェ用電源 + 温度コントローラ用電源
  4  被冷却物
具体的な機器構成(1)
  温度コントローラ: SP5C7−550
  温度設定・表示機: SP5C7−551
  温度センサ: SPTS67−170
  電源: HLE(出力 150W)   
    HLE電源は3〜14Vの可変主出力と12Vの副出力を持っています。コントローラとペルチェの電圧が異なる場合これらの2つの出力をそれぞれに用いることができます。また熱システムによってペルチェの最適負荷電圧が変わりますが、この電圧把握していない場合HLEのように出力が可変になっていると組み立ててから調節できるので便利です。次図にその接続例を示します。
但し、温度コントロールが必要ない場合はペルチェに直流電源を直結するだけで加熱または冷却することが可能です。